プロジェクトマネージャー

企業として何か新しいプロジェクトを始めるとき、プロジェクトマネージャーを軸にサービスについて検討されていくはずです。とはいっても、企業にそういったポジションの人がいない、という場合もあるかと思います。そういった人にオススメしたいのが、外注サービスです。プロジェクトマネージャーの業務を業務委託で外注することにより、費用を大きく抑えることができ、更にプロジェクト自体の成功率も高くなるはずです。

<A-STARに登録>
エンジニア専門の求人サイトA-STAR。ここでは、正社員の求人だけでなく、業務委託の求人も出すことができます。それにより、個人のプロジェクトマネージャーなどもみる機会が多く、求人にかかる確率が高くなります。自分の周りの人脈を探してみるのもいいかも位しれませんが、個人のプロジェクトマネージャーはそうそう簡単に見つかりません。

<大手企業と共に求人を出せる>
A-STARで求人を出している企業の中には、大手企業も多くあります。その中にあなたの求人を入れることも出来ますので、きっと応募者からもよく見られるはずです。金額などについてもある程度他の案件を見てみて、相場の金額を参考にするのもいいかもしれません。

フリーランスのプロジェクトマネージャーを準備して、成功に導きましょう。

se職

se職といえばどのようなイメージがするでしょうか?世間的に見たら高報酬だし、技術を身につけたら一生ものだろう、というようなプラスのイメージを持つ方が多いようですが、se職を経験した人とのギャップはかなり大きいだろう、という方も少なくありません。
ではこのマイナスのイメージの理由は何でしょう?もちろん実際にse職を経験した方に聞くのが一番だと思いますが、ある方は体力が続かなくてきっぱりと辞めてしまったといいます。どのように不足してしまうのかというと、まず残業が多すぎた、というのです。残業ですから、疲労が蓄積します。そして休日出勤も増えればリフレッシュする時間もほとんどなく、ストレスも溜まる一方です。
病気になってしまう方もいます。多いのは腰の病気です。単なる腰痛程度であれば我慢できても、ぎっくり腰レベルの腰痛では仕事など話になりません。他には椎間板ヘルニア持ちになってしまう方も少なくないようです。
報酬が高い、デスクワークオンリーだ、ということで技術だけあれば、というイメージはどうやら妥当ではないようです。体力をしっかりつけておいて、短い時間で健康ケアができる方、このような方がse職に相応しいと言えると思います。

フリーランス 募集

フリーランスとして仕事をしていると聞くと、
実力があって好きな仕事を自由にやっているというような華やかなイメージがありますが、
フリーランスとして仕事をするのは大変な事も沢山あります。

もちろんフリーランスとして仕事をするという事は、
自分の好きな事や得意な事を生かして仕事が出来る事や、決まった勤務時間がなかったり、
仕事の量を減らす分には、ある程度調整がきくというメリットもありますが、
風邪をひいたり、怪我をして仕事が出来なかったらもちろん収入を得る事が出来ませんし、
仕事が定期的にあるとも限りませんから、収入が不安定な部分は
フリーランスとして仕事をするデメリットと言えるかもしれません。

企業に勤める会社員であれば風邪で仕事を休んでもその休みを有給休暇で補ったりすることが出来ますが、
フリーランスではそれが出来ません。
仕事が出来なかったり、仕事がなければもちろん収入が得られません。
風邪や怪我は仕方のない事ですが、仕事がなくて困った時は
フリーランスの募集を行っているサイトを見てみるといいかもしれません。

フリーランスの募集は意外と沢山あるもので、その中から自分のスキルに合った仕事を探してみると良いでしょう。
そこから仕事を得てまた次の仕事に繋がればフリーランスとして活躍する第一歩になるかもしれませんね。

エンジニアの仕事とは?

エンジニアの仕事で多いのは、大規模システムの順調な運営を
守り続けるといった仕事があります。

まずは3カ月ほどの研修を行い、現場でOJTをうけます。

現場では、ベンダのメンバーとして、証券会社向けのシステムでも
取引増加などでわりと頻繁に拡張や性能改善の要件が生じたります。

それに伴い、データベースを拡張したり、新しくサーバをたてたりもします。

お客さんの現場に出向いえエンジニアはお仕事を行います。

お客さんや担当者、チームのメンバーと打合せを繰り返しながら、
案件を反映させた設計書、緻密な作業手順を作成し、
それを実際に行うのがエンジニアの仕事です。

すでに本番稼動中サーバであれば、作業手順はチーム内でも
顧客との間でもレビューが行われ、先輩について作業が行われますが、
ちょっとしたミスが多大な損失につながる可能性もあるので、
責任感をともなう仕事です。

PHPとは

PHPとはなんでしょう。

PHP はPHP: Hypertext Preprocessorを略したもので、
広く使われているオープンソースの汎用スクリプト言語です。
PHPは、特にWeb開発に適しており、HTMLに埋め込むことができます。

PHPの最も優れている点は、初心者にも分かり易いと同時に、プロフェッショナルなプログラマに対しては多くの進んだ機能を提供している点です。

ではそのPHPではなにができるのでしょう。
結論を言えばあらゆることができます。
PHPは主にサーバーサイドでの活用に焦点が当てられているため、
フォームからデータを取得したり、動的にページを生成したり、クッキーを送信・受信するといった他のCGI プログラムに出来ることは全て行うことが出来ます。

問合せフォームや掲示板、ショッピングカート等はPHPの代表格ともいえます。

CGIに比べ高速で、サーバーの負担が軽いうえ、
初心者の方でもわかりやすい言語なのに、エンジニアやプログラマの方にも多くの機能を提供してくれるので、これから勉強するという方にもおすすめのスクリプト言語ですよ。

エンジニアとしてのスキルを磨くには

エンジニアとしてレベルの高い仕事をするためには,技術スキルを磨く必要があります。
しかし、膨大な量の専門知識をただ詰め込むには時間がかかりますので、
できるだけ効率よくスキルを身につける方法を知ることが大切です。

スキル向上のコツを簡単に言うと情報収集力です。
スキルを身につけるということは新しい知識を得るということです。
そのためにはとにかく情報収集が重要なってきます。
しかし、ただ無駄に情報を集めるのではなく、
質の高い活きた情報をどのように手に入れるかが効率よくレベルアップするためには重要です。

情報源はさまざまなところにあります。
まずは書籍です。
書籍は常にスキルアップにおいて重要な役目を果たしてくれます。
リファレンス本をもっているだけで、数多くの情報が手に入ります。

次にWebです。
近年では無数の情報がweb上に転がっています。
これらの中から自分に必要な情報を入手していくことが効率よくスキルアップすることにつながります。
メールマガジンやメーリングリストなどをうまく活用するのも良いですよ。

エンジニアの収入について

エンジニアに転職をお考えの方にとって給料は気になるところですよね。
エンジニアの仕事はやりがいがあることが多いです。
それほどエンジニアのお仕事は直に会社への貢献に関わってくる内容が多いです。

そんなエンジニアの平均年収は
Tech総研が2005年8月に行った、25~35歳のエンジニア200人を対象にした給与調査では、
年収の全体平均は583万円だそうです。

ソフトウェア・ネットワーク関連のエンジニアの給料の平均年収はおよそ「591万円」
ハードウェア関連のエンジニアの給料の平均年収はおよそ「568万円」
程度です。

システムエンジニアの例で言うと
全体的にシステムエンジニアは労働時間が長いとされており、
特に、設計面で優秀な方や上の立場の方になると残業は自然と多くなります。
もちろんその分給料も増えていくことが多いです。

エンジニアの仕事は、給料に見合った仕事かというとそうではないこともあります。
それほどエンジニアの仕事は大変なのですが、やりがいがあり、実力や運、エンジニアとして年齢を重ねるごとに、確実に年収は増えていきます。